Google
お問い合わせ
サイトマップ

ホーム > 施工実績 > 脱塩工法

調査工事

脱塩工法(デソリート工法)

塩害を受けたコンクリートを電気的イオン泳動
により脱塩し、健全な状態に再生します。

特長

  1. ほぼ非破壊で処理が可能。(仮設材は処理後撤去)
  2. 通常8週間の通電で処理可能
  3. 処理効果を施工後すぐに確認できる。


親不知海岸高架橋(新潟県)

脱塩工法概念図

仮設電極の設置

外部電極施工状況

新衣川橋(秋田県)

小余綾高架橋(神奈川県)

河野海岸有料道路(福井県)