Google
お問い合わせ
サイトマップ

ホーム > 点検及び調査・診断/補修・補強設計業務

点検及び調査・診断/補修・補強設計業務

コンクリートの事ならデンカリノテックにお任せ下さい。

◇点検業務(定期点検)

  • 橋梁点検/トンネル点検/工場等の点検業務

◇調査・診断

  • 各種サンプリング・非破壊調査及びコンクリート室内分析による診断業務

◇コンクリート構造物 補修・補強設計業務

  • ひび割れ補修、断面修復、脱塩工法、再アルカリ化工法、各種繊維シート接着工法等の設計業務
  • 橋梁下部工の耐震設計業務

コンクリートの劣化状態を調査・分析し、劣化要因を推定する手がかりをご提案いたします。外から見えないコンクリート内部の劣化因子を調査する技術でご要望にお応えいたします。



調査工事の手順

STEP-1 コンクリート構造物現地調査

  • 概観調査
  • 鉄筋かぶり深さ、配筋状態調査
  • 鉄筋腐食度調査
    自然電位測定(JISE-E601「自然電位法」に準拠
    分極抵抗測定
  • 中性化試験
    コアを採取し、フェノールフタレインによる発色で中性化深さを測定
 

STEP-2 コンクリート室内分析

  • 塩分量分析
    JIS A1154「硬化コンクリート中に含まれる塩分の分析方法」に準拠
  • アルカリ量分析
  • 粉末X線解析
  • EPMAによる塩分、アルカリなどの分布測定
 

STEP-3 骨材のアルカリシリカ反応試験

  • 化学法
  • モルタルバー法
 

STEP-4 解析

  • STEP-1 からSTEP-3の調査・診断結果をもとに対象構造物の劣化程度を解析します。補修が必要な場合には適切な補修方法をご提案します。
 

コンクリート構造物の現地調査 非破壊調査

コンクリート構造物の室内調査・分析