Google
お問い合わせ
サイトマップ

ホーム > コンクリート補強工事 > 繊維シート接着工法 > ハードロック2繊維シート接着工法

コンクリート補強工事

コンクリートの事ならデンカリノテックにお任せ下さい。

繊維シート接着工法
/ ハードロックII繊維シート接着工法

NETIS登録済(登録番号:KT-040097)

湿潤面でも接着し、-10~30℃で30~180分のスピード硬化なので信頼性ある工事の効率化が実現できます。



繊維シート接着工法 / ハードロックII繊維シート接着工法とは

炭素繊維やアラミド繊維、ガラスクロスなどの連続繊維シートをコンクリートの表面に接着して剥落を防止する工法。
湿潤面や油面に低温下でも良好に接着でき、安全性も高いハードロック(Ⅱ)を使用することで、施工効率が向上します。

施工記録

特長

  1. 湿潤面の接着が可能
  2. 低温でもスピーディーに硬化
  3. 取扱いが簡単で作業効率が向上
  4. 強度を維持する高い耐久性
  5. かぶれ性が低く、安全性が高い

用途

  • 橋、トンネル、下水道

施工手順