Google
お問い合わせ
サイトマップ

ホーム > コンクリート補修工事 > 補修工法 > 農業用水路補修工法 > デンカアクアライニング工法

補修工法

コンクリートの事ならデンカリノテックにお任せ下さい。

農業用水路補修工法 / デンカアクアライニング工法

強力な接着力と耐摩耗性に優れた工法
特殊エポキシ樹脂プライマーと耐摩耗性に優れたポリマーセメントモルタルをライニングすることで、トンネルおよび開水路の補修・保護が可能な工法です。



農業用水路補修工法 / デンカアクアライニング工法とは

ポリマーセメントモルタルを塗布する方法で、適切な粗度係数の確保や耐摩耗性など、水路トンネルや水路の補修に要求される性能を満足するライニング工法で、高品質・低コスト・工期短縮を可能にします。

施工例

特長

  1. ポリマーセメントモルタル〈デンカスプリードエースアクア)により均質で施工品質の安定したライニングを提供。
  2. 接着力の高い特殊エポキシ樹脂(デンカアクアハード)を採用し、コンクリート躯体とライニング材であるポリマーセメントモルタルの一体性向上。
  3. 水路の断面形状に左右されない。
  4. 粗度係数が低く、耐摩耗性が高いポリマーセメントモルタルを使用し、水路の耐久性向上に寄与。

施工手順