Google
お問い合わせ
サイトマップ

ホーム > コンクリート補修工事 > 補修工法 > 断面修復補修工法 > 無収縮モルタル充填工法/デンカプレス多恨LS500充填工法

補修工法

コンクリートの事ならデンカリノテックにお任せ下さい。

無収縮モルタル充填工法
デンカプレタスコン LS-500充填工法

ひび割れ耐久性に優れた経済的な工法
型枠を設置して流動性の高い無収縮モルタルを型枠内に流し込んで補修する方法です。



無収縮モルタル充填工法 デンカプレタスコン LS-500充填工法とは

断面欠損部が5cm程度で、型枠設置が可能な部分に適します。
左官や吹き付けに比べて能率が良く、総合的に見ると経済的です。

施工例

無収縮モルタル注入

施工完了

特長

  1. ひび割れ耐久性に優れる。
  2. 構造物との一体化が図れる。
  3. プライマーを併用して十分な付着力を有する。
  4. 空隙のないグラウトが可能。