Google
お問い合わせ
サイトマップ

ホーム > 会社情報 >ご挨拶> 過去のお知らせ一覧

ご挨拶

●過去のお知らせ●

2016年9月

 

公益社団法人 土木学会主催の「平成28年度 全国大会 第71回年次学術講演会」において、論文「約15年経過した再アルカリ化工法の追跡調査」を発表しました。


2016年6月

 

当社は、「ソフトコアリング協会」に入会しました。 ソフトコアリングシステムは、従来の直径10cmのコンクリート供試体に比べ1/4~1/5の小径コアでコンクリートを採取するため、過密配筋箇所でも鉄筋を損傷させることなく、容易にコンクリート強度や劣化調査を行うことができる技術です。


2016年4月

 

当社は、「SR-CF工法研究会」に入会しました。 SR-CF工法は、阪神淡路大震災以後高まっている、既存建物の耐震補強工法として、炭素繊維シートとCFアンカーを併用することにより、施工性・安全性・静粛性はそのままに、居ながらにして施工を可能にする技術です。


2015年11月

 

当社は、「スムースボード工法研究会」に入会しました。スムースボード工法 は、従来工法より低コストで簡易にコンクリートの耐久性向上を実現する埋設型枠工法です。埋設型枠材として高靭性セメントボードを使用することにより、コンクリートの耐久性を高め、構造物の長寿命化を実現、維持管理コストを低減します。


2015年11月

 

一般社団法人 日本建設業連合会が主催する「第56回 BCS賞(国内で建築された優秀な建築作品を表彰)」 を、当社のアルカリート工法が採用され、旧東京中央郵便局舎のファサード部分を保存・整備して建築(施工者 大成建設株式会社)された「JPタワー」が受賞しました。


2015年10月

 

当社は、「建設コンサルタント」業務を新たに登録し ました。
国土交通省 鋼構造及びコンクリート部門。


2015年7月

 

社)日本コンクリート工学会主催の「コンクリート工学 年次大会 2015(千葉 7/14-16)」において、講演会「電流密度の異なる再アルカリ化工法における付着応力に関する検討」に参加しました。


2015年4月

 

一般財団法人 日本情報経済社会推進協会 「JIPDEC」が運営する「サイバー法人台帳 ROBINS」 に登録。経営労務診断を受診し、広く情報を公開しています。


2014年11月

 

予防保全需要(LCC最小化)に応えるべく、従来から実施しているコンクリート構造物調査工事の業務を拡充し「調査診断・設計本部」を立ち上げました。


2014年4月

 

橋梁新聞社 発刊「橋梁ACCESS 総覧2014」誌に橋梁長寿命化工事へ非破壊補修工法
(脱塩・再アルカリ化工法)を用いて取り組む企業として掲載されました。


2014年2月

 

当社は、「セラミックキャップバー(CCb)」工法研究会に入会しました。

CCb工法は、古い耐震規準に従って設計されたコンクリート構造物の耐震補強工事における優れた施工性・耐久性及びせん断補強効率を実現した、「後施工セラミック定着型せん断補強鉄筋工法」で、これまで施工が難しいとされていた、地下構造物など多くの構造物への耐震補強を可能にしました。


2014年2月

 

オフィス・スペース 発刊「土木施工」誌 2月号に 当社「脱塩工法/デソリート工法」を用いた「北陸 自動車道 親不知海岸高架橋 予防保全対策工事」の 効果検証記事が掲載されました。


2013年12月

 

一般社団法人セメント協会 発刊「セメント・コンクリート」 誌にコンクリート構造物のリハビリテーション技術として、 当社施工「電気化学的再アルカリ化工法によるコンクリート構造物の再生」記事が掲載されました。


2013年12月

 

一般社団法人セメント協会 発刊「セメント・コンクリート」 誌にコンクリート構造物のリハビリテーション技術として、 当社施工「電気化学的再アルカリ化工法によるコンクリート 構造物の再生」記事が掲載されました。


2013年6月

 

一般社団法人セメント協会 発刊「セメント・コンクリート」 誌のグループ企業特集に当社紹介記事が掲載されました。


2011年5月

 

この度、弊社は平成23年5月1日付けにてテクノコンサルタント株式会社の全事業部門を引き継ぐこととなりました。
今般の事業移管により、テクノコンサルタント株式会社が蓄積したコンサルタント分野のノウハウを取り込むことで、弊社の事業基盤をさらに強固にし、この分野でもお役にたてるものと確信しております。
この事業移管を契機に社員一同新たな決意を持って更なる躍進を遂げる所存でありますので、何卒、倍旧のご愛顧を賜りますようお願いいたします。